しろの電電日記

適当なログ

高専と,その進路について

先のエントリで書いたように,高専生はマイナーです.理系の方や,プログラマーの方たちには知ってる方も多いと思いますが,一般の方にはあまり知られていないと思います.

そこで,高専はどういう学校なのかを個人的な体験に基づいて書いていきたいと思います.なるべく正しい情報を書くようにしますが,間違った情報もあるかもしれませんし,主観的な部分も含んでいることにお気をつけください.

それでは,高専について書きます.

高専にはいくつかあって,工業高専のほかに商船高専などもあります.私は工業高専に通っているので,それに関する情報が多くなると思います.

まず,高専は普通の高校と異なり,五年制です.そのため,卒業すると準学士学術称号を得られます.そして高専を卒業した後に就職または進学するわけですが,特に進学関連についての情報は少ないです.

なぜなら,高専生の数そのものが少ない上に,進学する人はさらに少なくなり,進学が多い高専でも半分強の人が進学,残りは就職となります.

私は高専から編入試験を経て大学へ進学しますので,進学関連について主に書きたいと思います.

ただ,編入試験には合格しておりますが,実際に進学するのは来年(平成22年度)の春なので,予定です.

これまでの経験とこれからについて少しずつですが,これから書いていきます.


10/01/23追記
コメントの指摘の通り,短大卒と高専卒では得られる称号が違いましたので修正しました.